クロツ終齢_穴の中で越冬?

観察中のクロツバメですが、終齢幼虫が1/2現在でも
4幼居るのですが、そのうちの1幼が、コンクリート隙間の
穴の中で、越冬していました。(添付写真)
過去に野外で越冬幼虫を確認したのは一度だけですが、
その時は、ツメレンゲの枯れた花穂の中だったので、
このように食草から離れ、人工物で越冬するとは驚きでした。
p.s.
12/29羽化個体は今日も北風に耐えていました。
e0253104_22331513.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-02 22:33 | Comments(11)
Commented by 辺蟲憐 at 2012-01-02 23:27 x
それと最寄りのロゼットまで距離がありそう?ですね。
越冬明けの食いつきが大変そうです。
親蝶はまだまだ行けそうですね。
あっ あけましておめでとうございます。
Commented by himeoo27 at 2012-01-03 10:48
明けましておめでとうございます。
元旦まで八重山諸島に出かけていてご挨拶遅れて申し訳ありません。
湘南のクマソと並んで、秩父クロツも遂に年を越しましたか!素晴らし過ぎです。
今年も宜しくお願いいたします。
Commented by tef_teff at 2012-01-03 21:26
辺蟲憐さん
今年もよろしくお願いします。
摂食している終齢もいるので不思議です。
Commented by tef_teff at 2012-01-03 21:28
himeooさん
八重山ですか、行ってみたいです。特に寒いのが嫌いなので、暖かいところは大好きです。
こちらこそ、宜しくお願いします。
Commented by やまもと at 2012-01-04 19:49 x
いつも興味深く拝見しております。 

どうして、「越冬」に入ったとわかるのですか?
このまま、蛹になっていく可能性はないのですか??

29日のチョウ、ながいきしてほしいです!!!!!
Commented by tef_teff at 2012-01-04 22:54
難しい質問有り難うございます。
単純に移動せず、前蛹にもなってないので、ただ冬を越しているという意味で越冬という表現を使いました。これに休眠という言葉が入ってくると難しくなります。私は、単純に生きて冬を過ごしていれば越冬と考えています。蛹になる可能性はあると思います。
Commented by 辺蟲憐 at 2012-01-05 20:42 x
横レスすみません。
越冬とは変態をしないで冬を越す事と理解しています。
ですから今から冬に蛹化する個体は越冬とは言わないんじゃないのでしょうか?。
ですからクロツは幼虫越冬だと思いますが…。
Commented by tef_teff at 2012-01-05 22:03
辺蟲憐さん
適当なことを言ってすいません。あまり深く考えず、逃げ道を作るため”越冬態”、”休眠越冬”を使用せず、ただの”越冬”という表現にしました。自信の無さですね。
Commented by 辺蟲憐 at 2012-01-06 00:32 x
いやいや偉そうにすみません。
やまもとさんの質問に対して私の横レスも説明しきってないんですが “蛹になっていく”は前述しました。
“越冬に入った” は越冬態になった 或は休眠に入ったという事で  tef_teffさんが以前アップされたクロヒ幼の様に 何となく丸まった程度に人目には見えるぐらいかもですが 彼らにしてみればおそらく劇的な変化を遂げているはずです。
また この越冬態という戦略を得た事で その分布などにも大きく影響しているはずです。
例えばアゲハ類なんかがわかり易いんですが この島までは越冬態が無いんだけど 以北では蛹越冬するとか…諸々。
Commented by tef_teff at 2012-01-06 22:09
いろいろ本を読み返してみましたが、越冬の意味は明確なものはないと思いました。ただ、辺蟲憐さんが最初に行った”変態をしない”つまり、私が思うにあまり動かず、脱皮変態をしないで冬を乗り切るというのが、最もいいかなぁと思います。
休眠は越冬同様変態の進行が停滞している状態、かつ耐寒性を増すための体の変化を引き起こすトリガーである(日長等により)。殆どの昆虫は12月中に休眠は覚醒するが、耐寒性は5月頃まで続くようです。
ただ、種類によって違うと思いますので、本当のところは調べてみないと分からないと思います。
臨界付近のアゲハ類の場合は、その通りと思います。
コオロギの仲間だで、熱帯、亜熱帯、温帯に生息する同種では、当然熱帯では休眠はありませんが、亜熱帯では日長により孵化時期が2週間遅れ、温帯では卵の長期休眠が起きるというようなことがあり、これらが種の分化につながるそうです。
Commented by tef_teff at 2012-01-06 22:09
続き
ということで、越冬の定義としては、あまり動かず、変態の進行が停滞した状態で冬を乗り切る。また、休眠も同様ですがプラス、耐寒性等を増すための体の変化(グリコゲンがグリセリンに、トレハロースの増加、血液中の氷核形成物質の減少等)を伴う状態。ということで私は理解しました。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(814)
(305)
(251)
(227)
(124)
(116)
(72)
(63)
(29)
(25)
(18)
(15)
(12)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

こんな習性の違いがあるな..
by ハンノキ at 22:08
逆のパターン(ツマグロ♂..
by tef_teff at 21:51
黒猫です。 やはり関東..
by axinite at 22:58
そうですよ。
by tef_teff at 09:32
ご無沙汰しております。 ..
by fanseab at 21:37
一部の個体は7月中にも産..
by tef_teff at 18:22
産卵が早まる予想を見事に..
by 辺蟲憐 at 18:03
そうですね・・・・・来年..
by tef_teff at 16:49
クロミドリやヒサマツミド..
by ハンノキ at 09:04
野外では3段が最高ですけ..
by tef_teff at 17:46

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ミドリヒョウモンの人工採卵
at 2017-09-18 18:45
メスグロヒョウモンの占有行動
at 2017-09-17 10:27
ビックリ、まだ、居たオオムラサキ
at 2017-09-15 16:16
ダリアに大型ヒョウモンは来る..
at 2017-09-14 18:41
珍品、秋の平地のウラギンヒョ..
at 2017-09-14 18:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧