1950年代のナガサキアゲハ

秩父出身の元京大教授が書いた” ぼくの戦後・・・郷愁の秩父 " 
という本に、著者が中学時代、秩父の蝶を収集していたという
ページがある事を、町内会の集まりの席で、言われた。
早速、本を購入して読んでみた。
すると驚くことに、1950年代(1957年?)に秩父でナガサキを採集したとあった。
(添付写真参照)

え・・・・そんな昔からナガサキアゲハが秩父に来ているの?
それとも、同定ミスか?しかし、著者は、ちゃんと図鑑で同定し
秩父の蝶を88種も確認し、新聞にも載っているので、それは、ないか・・・?

どう理解すればよいのだろうか?秩父は盆地なので、侵入には、1000m近い
山越えか、熊谷、寄居の関東平野経由の荒川沿い入ってくるのか
どちらかである。
ナガサキアゲハの山越えは、厳しいと思うので、熊谷、寄居経由
となるのだろうか?そうなると、1950年代、頻繁にナガサキアゲハは
関東平野を北上していたことにならないか・・・・?

長くなるので、このへんで止めるが、
機会があったら直接著者に確認してみたいと思う。

ナガサキアゲハ秩父では現在、毎年1例の目撃記録が
あるかないか位である。柚子は昔から沢山ある。
ナガサキアゲハ蛹の過冷却点(凍結する温度)はマイナス21℃
e0253104_22102474.jpg

e0253104_2273447.jpg

butterfly
[PR]
by tef_teff | 2012-10-29 22:10 | ナガサキアゲハ | Comments(5)
Commented by 辺蟲憐 at 2012-10-29 22:43 x
私は’54年広島生まれなんですが 日がな一日 網を振り回してた幼少期に ナガサキは多いという程ではなく ♀が入った時にはそれなりに興奮してた記憶があります。
ナガサキ前線?からもそれが読み取れますね。
それでその頃には橙色斑の個体が混じったのを鮮明に覚えているんですが やがてそれは無くなりました。
大人になって屋久島産にそれを見た時 実に懐かしかったです。
思うに分布端では個体変異が膨張する可能性が高いわけですから 今やバンバンに翔んでる東京でも そこいらに注目してましたが これと言って違和感はありませんでした。
秩父の地形的特性に触れられてますし 東京よりは面白い流入初期があるやもしれません。
真っ黒の♀とか期待したいですね。w
Commented by tef_teff at 2012-10-29 23:25
確かに、神奈川の次は東京ではなく埼玉の北本でした。
・・・1955年です。
Commented by カトカラおんつぁん at 2012-10-30 19:04 x
ナガサキアゲハは私の頭の中では、完全に南方系のアゲハですが、偶産として記録されることは有るんでしょうね。
宮城でも1950年代にツマグロヒョウモンが一時的に発生したことが宮城県の蝶という本に出ています。なんと、大ウラギンヒョウモンも我が町のはずれに飛んでいたようです。今となっては、幻のようにしか想えませんが、確実に標本も残っています。
Commented by tef_teff at 2012-10-30 21:49
確かに埼玉でも古くに、ツマグロヒョウモン、ムラサキツバメ(移動性あり)は記録されていますね。まぁ、植樹に蛹がついていて、そのまま、なんてこともあるのかもしれませんね。
Commented at 2012-12-11 15:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(802)
(304)
(251)
(225)
(124)
(113)
(72)
(62)
(29)
(25)
(17)
(14)
(12)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

twoguitarさん、..
by tef_teff at 21:52
こんにちは。 夏眠..
by twoguitar at 20:18
足元から飛び出したので、..
by tef_teff at 16:31
樹上高くで越夏している「..
by himeoo27 at 10:19
オスは1ヶ月くらい活動し..
by tef_teff at 16:32
5頭が夏眠をせず活動中と..
by twoguitar at 15:46
亀レスで申し訳ありません..
by twoguitar at 15:42
そうですか、ただ、こちら..
by tef_teff at 21:39
種は違えどオオウラギンな..
by 辺蟲憐 at 20:47
本種は夏に1000㎡級の..
by ハンノキ at 23:39

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

キマダラセセリ
at 2017-08-20 21:27
ジャコウアゲハの卵
at 2017-08-19 15:25
サカハチチョウ3化?
at 2017-08-19 15:19
実験中ウラギンヒョウモン
at 2017-08-17 18:24
サトキマダラヒカゲの2化
at 2017-08-13 21:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧