ホソバセセリ

いつもの散歩道で、ホソバセセリ(Isoteinon lamprospilus)
の卵を観察しました。ただし、たったの1卵だけでした。
今年は、個体数も非常に少なかったので心配です。
環境が暗くなったためかもしれません。
添付写真は、現在の生息環境です。
e0253104_22494858.jpg

butterfly Isoteinon lamprospilus
[PR]
by tef_teff | 2013-07-29 22:49 | ホソバセセリ | Comments(5)
Commented by 辺蟲憐 at 2013-07-31 21:05 x
明るさ的には充分な気がします。
問題はススキの直近じゃないですかね〜?。
埼玉低地のホソバセはかなり暗めの林内でも発生してますが 下刈りと更新でちょっとした空間にススキの生育がギリ担保されてるって感じです。
さらにこやつはそのギリのススキがスキですよね。
幼虫などが多い株はぐるっと他の植物の進出が甘い 比較的独立した株な気がします。
Commented by tef_teff at 2013-07-31 23:15
明るさ十分ですか?写真では明るく見えるのですが、実際はかなり暗くなっています。秩父でこれ以上暗い環境で本種を見ていないのと年々個体数が減ってきているので、暗さが影響してるかと感じています。
確かに暗い空間も飛びますが、明るい環境がないと難しいかと思っています。産卵などを見ていると、辺蟲憐さんが仰る様に、林道脇のススキというよりは、一歩踏み込んだ奥の暗い環境のススキへ産卵してますよね、逆に暗さも必要何ですかね?。
Commented by 辺蟲憐 at 2013-08-01 22:11 x
整理して親蝶の性格とホストとを分けますね。
親蝶は確かに明るいとこ と言っても林縁というか明るいとこと暗いとこの境目あたりに出てくる事が多いと思います。
活動ピークも朝と夕方ですよね。
曇天の時により多くの個体に会えたりもします。
温度 或は合わせ技の可能性は否めませんが 適度な明るさ(暗さ)があるように感じます。
正直 アップされた環境の上空の開口はむしろ良い様に感じました。
なので ホストの話になりますが 明るい環境のホストは多々ある中で こやつの近年の衰退は前述の“ギリのススキ”の消失だと思えてなりません。
アップされた環境(ススキ)もそのひな形に載せてしまいました。
逆に明るいススキで探せと言われたら途方に暮れそうです。w
Commented by tef_teff at 2013-08-01 23:36
辺蟲憐さん、すいません、秩父で、明るい環境の生息地は、500~700mの高標高地です。標高差でホストがマッチしているのですかね?
Commented by 辺蟲憐 at 2013-08-02 21:31 x
こちらこそすいません。
設問の意味を把握できないので 逆質になっちゃうんですが “明るい環境”とは生息地なのか 濃い株なのかで予想される答えが変わってきそうですね。
それと低地…RDB絶滅とやらの東京を筆頭に千葉 神奈川 埼玉あたりまでしかモチベーションがかからないので チョイ標高を上げた 例えば山梨とかのを全く見ようともしておらず なので標高差音痴。
検討がつきません。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(816)
(305)
(251)
(227)
(124)
(116)
(72)
(63)
(29)
(25)
(18)
(15)
(12)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

数年前の10月、小生もメ..
by fanseab at 21:46
観察したことがあるのは、..
by tef_teff at 21:48
こんな習性の違いがあるな..
by ハンノキ at 22:08
逆のパターン(ツマグロ♂..
by tef_teff at 21:51
黒猫です。 やはり関東..
by axinite at 22:58
そうですよ。
by tef_teff at 09:32
ご無沙汰しております。 ..
by fanseab at 21:37
一部の個体は7月中にも産..
by tef_teff at 18:22
産卵が早まる予想を見事に..
by 辺蟲憐 at 18:03
そうですね・・・・・来年..
by tef_teff at 16:49

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

クモガタヒョウモン秋の裏面の劣化
at 2017-09-21 21:41
自宅でウラギンヒョウモン
at 2017-09-21 21:27
ミドリヒョウモンの人工採卵
at 2017-09-18 18:45
メスグロヒョウモンの占有行動
at 2017-09-17 10:27
ビックリ、まだ、居たオオムラサキ
at 2017-09-15 16:16

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧