キタキチョウの交尾

いつもの散歩道で、キタキチョウ(Eurema mandarina)の
交尾を観察しました。写真のように夏型♂と秋型♀の
交尾です。
この時期、まだ、比較的新鮮な夏型♂は見られますが、
夏型♀は見られないので、交尾の組み合わせとしては、
夏型♂、秋型♂、♀になるのですが、実際の組み合わ
せは、秋型♂は関係せず、夏型♂と秋型♀だけの組み
合わせと聞きます。不思議ですね。
e0253104_23374458.jpg

butterfly Eurema mandarina
[PR]
by tef_teff | 2013-10-03 23:37 | キタキチョウ | Comments(4)
Commented by uke-en at 2013-10-04 20:11 x
夏×秋どころかキタキチョウの交尾を見たことがありません。一度
に二桁を見かけた経験がないので、トータル数が少ないからなの
でしょうね。
348が燦然と輝いていますね。いつのマーキングでしょうか。

ところで、この時期夏型♀がいないというのはなぜでしょうか。短
命?勉強不足で分かりません。^^;

で、情報です。
10/2の夕方から今夜(10/4)まで、キタキチョウ秋型♀が休止継
続中です。2日間日中活動しなかったということで、今朝にはとうと
う触角も先端を残して翅の間に格納していました。
昨日今日とも当地の最高気温は24℃、翔んでいた個体を見かけ
ています。いかにも早過ぎて、このまま越冬になだれ込むとは思
えませんが、経過観察してみます。
Commented by tef_teff at 2013-10-06 23:36
キタキチョウの交尾ですが、私も年1,2回しか見ていませんので、個体数が少ないと難しいかもしれませんね。
手元にノートがないのではっきり分かりませんがマーキングは2,3日前と思います。
夏型メスが、この時期少ないのは、同期成長の幼虫時メスは光周反応で秋型になるが、オスは日長に鈍感の為、秋型にならないで、夏型になるものが多く、結果的に夏型メスが少なく感じると聞きました。
越冬開始時期ですが、昨年あれだけマーキングしたにも関わらす、マーキング個体の越冬個体を観察できなかったのは、秋型個体は、あまり活動せずに越冬に入るのではと想像しており、10月中には7割位が越冬に入るのではと想像してます。
Commented by 辺蟲憐 at 2013-10-08 23:47 x
夏型/秋型の分け方に 実際とのズレがあるとしたら実にわかり易いというか 越冬と非越冬とすれば理解し易いんじゃ と思ってます。
中途半端な個体もいますしね。
越冬のような非越冬がいる なのではと思ってます。
ブログには7月の求愛行動と8月の交尾しかアップしてませんが7 8 9月と見ています。
越冬個体の交尾をまだ見ていません。
tef_teffさんは如何ですか?。
もし交尾しないとすれば 夏型♂×秋型♀は秋型♂の立場が無くなりますしね。
Commented by tef_teff at 2013-10-09 10:25
7 8 9月と交尾を観察していますか、参考になります。
越冬個体の交尾は観察していません。
聞いた話では夏型♂×秋型♀交尾において、♀の交尾嚢の発達?はなく、精子自身も越冬は不可能と言っていました。つまり、意味のない交尾をしているということなのですが・・・・・・・。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(769)
(299)
(250)
(215)
(124)
(112)
(72)
(60)
(29)
(24)
(17)
(11)
(11)
(9)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

ありがとうございます。 ..
by 辺蟲憐 at 20:39
辺蟲憐さん、コメント有り..
by tef_teff at 19:01
やはり形状などがオオウラ..
by 辺蟲憐 at 18:08
fanseabさん、コメ..
by tef_teff at 18:47
尾鉤の形状が左から2番目..
by fanseab at 15:39
秩父の場合、市街地近くで..
by tef_teff at 21:44
黒猫です。 近くでカラ..
by axinite at 12:18
twoguitarさん、..
by tef_teff at 20:32
食痕をよく見付けられまし..
by twoguitar at 16:39
地面にもとまるから まあ..
by 辺蟲憐 at 23:50

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヒメキマダラセセリ初見
at 2017-05-21 21:33
ミスジチョウ初見
at 2017-05-21 21:24
スギタニルリシジミ幼虫
at 2017-05-17 21:56
ウラギンヒョウモン初見
at 2017-05-16 17:08
ウラギンヒョウモン蛹の体色
at 2017-05-15 21:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧