キタキチョウの越冬場所探索行動

今日は、天気も良く、いつもの散歩道で、沢山のキタキチョウが
見られました。その中で、3頭程、越冬場所の探索行動が見られました。
見にくいですが、その一部をYoutubeにアップしましたので、ご覧ください。
動画は、生け垣の一部にキタキチョウが執着して居るのが分かるでしょうか・?
結局、この場所は、何回かは止まったのですが、居心地が悪いのか、諦め
てしまいました。皆さんも、この様な場面に遭遇したら、きっとそこはキタキ
チョウの好みの越冬環境ですので、越冬個体が見つかると思います。
是非、チャレンジしてみてください。

[PR]
by tef_teff | 2014-11-03 23:09 | キタキチョウ | Comments(4)
Commented by uke-en at 2014-11-04 21:03 x
気温が20℃を超えるような状態では、キタキチョウも日中は安定しませんね。木にさわらないでも
翔び出すことが多く、安定してるような個体でも3日と続けて同じ場所にはいませんね。
まだ候補地を探している段階で、南か東向きで雨や風、天敵など(人を含む。)の状態
によって引っ越しを繰り返しているように思えます。
条件が整わないでも一応辛抱するのは、気温が何℃くらいなのでしょうね。
Commented by tef_teff at 2014-11-04 23:08
私の考えは、ちょっと違って、基本的に、日当たりの良い環境では、殆どがuke-enさんの仰る通りなんですが、日当たりの悪い(日照時間が短く、風や枯れ葉の影響を受けない?)場所、日当たりが良くても日が当たらず、風や枯れ葉の影響受けないの影響をを選んでしまった個体は、結構早い時期(10月下旬)から越冬に入っていると考えます。理由は、今回の場所もそうですが、あまり日当たりの良くない場所でも探索行動が見られること、日当たりが良くとも奥まった暗い環境で越冬している個体を見たから、また、10月下旬最後の羽化のピークを迎えますが、この後急激に個体数が減ります。更にこの羽化ピーク時必死にマーキングしても、マーキングされた越冬個体を見つけられないこと、つまり羽化後結構早く越冬に入っていると想像したからです。10月下旬20頭~30頭/日、観察していた個体が1週間後には気温の問題もありますが5頭/日以下に減ってしまうのは、やはり早いうちに越冬に入っているとしか考えられないのですが・・・・・・・。
最高気温が15℃を超えなくなると個体数が減ってくるので、この時期ではないでしょうか?
Commented by twoguitar at 2014-11-06 15:49 x
you-tubeを拝見すると、日向の植込みの上(1)辺りで今日の休息場所を探しているようですね。
自分が笹薮・草地の南面(2)で見た光景と重なります。
日当たりの良くない場所(3)での休眠場所探しはまだ見たことがないし、日向でも奥まった場所(4)での越冬個体は探したことがありません。
あれだけの数のキタキチョウが越冬する訳で、1,2の他に3,4での越冬も想定にいれないと少ししか見つからないような気がしてきました。
1の場所から飛び出した越冬個体は、捕食されるのか、3,4のような場所に移るのか、いずれにしても一旦飛び出した個体は(2例ですが)元の位置付近では見つかりませんでした。
Commented by tef_teff at 2014-11-06 16:13
すみません。"日当たりが悪い"の表現はちょっと違いますね。日照時間が短いが正解ですね。動画の場所も12時ころには陽が陰ってしまいます。
日当たりが良い場所の奥まったところで越冬している写真を後でアップします。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
ウラミスジシジミ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
未分類
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(757)
(288)
(250)
(214)
(123)
(106)
(72)
(59)
(23)
(21)
(15)
(11)
(10)
(9)
(7)
(7)
(5)
(4)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

イヌガラシ キバナコスモ..
by 辺蟲憐 at 00:09
twoguitorさん、..
by tef_teff at 22:06
もう♀ですか。早いですね..
by twoguitar at 20:56
福井の友人も、最近見られ..
by tef_teff at 20:20
関東では今季ミヤマセセリ..
by uke-en at 09:47
春が来ましたね。こちらで..
by tef_teff at 22:50
こちらでは活動する個体が..
by twoguitar at 07:06
ムラサキシキブなどが近く..
by axinite at 23:52
何年も定点観察を続けてい..
by tef_teff at 21:26
黒猫です。 えっ?! ..
by axinite at 23:13

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

種蒔き
at 2017-03-27 22:05
ミヤマセセリの♀出現
at 2017-03-25 22:29
キタキチョウは、まだ越冬中
at 2017-03-20 21:44
ニホンセセリモドキ
at 2017-03-20 21:23
モンシロチョウ初見
at 2017-03-19 21:31

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧