<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

火入れ

1/27、用事があって、熊谷に行った際、時間があったので、
以前のミヤマシジミ生息地の河原に行ってみました。
すると前日火入れがあった様で一面が真っ黒になっていました。
以前から実施しているとは聞いていたのですが、見たのは、初めてです。

ミヤマシジミは野焼きで、死ぬことはないと聞いていますが、
野焼きの看板が立った年から熊谷のミヤマシジミが居なくなったり、
河原の生息地(更に場所によっても違う?)でも、あてはなるのか、
疑問を感じています。
e0253104_22242034.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-29 22:23 | ミヤマシジミ | Comments(4)

散歩の格好

今日は、風が無かったせいか、いつもの散歩道で
テングチョウとムラサキシジミが観察できました。
写真は、今日の散歩時の格好です。
一応、冬でも、マーキングの可能性もあるので、
ネットは持って散歩しています
e0253104_1842962.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-24 18:05 | その他 | Comments(9)

散歩道で観察した蝶の日毎推移

2011年の散歩道で観察した蝶の日毎推移を
グラフ化してみました。下のグラフはヤマトシジミの
データを除いたグラフになります。
観 察 日 数 : 169日
観 察 総 数 : 6056頭
観察種類数 : 70種
ヤマトシジミを除くと秩父ミューズパークでは、7、8月が
最も多くの蝶が見られることになるのでしょうか?

20年前に近くで調査した時は百日草が植栽され、
沢山のイチモンジセセリが集まり(総数約500頭)、8月下旬、9月上旬が
ピークとなっていました。ここでは、ヤマトシジミの影響は
ありませんでした。逆にミューズパークではイチモンジセセリは
余り観察できませんでした。
e0253104_18191884.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-23 18:20 | その他 | Comments(6)

ウラクロシジミの鱗粉形状

新しいスキンの鱗粉写真ははウラクロシジミです。
スルコウスキーがブルーの金属光沢を
隠蔽しているように、このウラクロシジミも
何か隠蔽色があるような気がしてならないのですが・・・?
e0253104_1855537.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-20 18:06 | ウラクロシジミ | Comments(11)

これは何の鱗粉?

冬なので、スキンの鱗粉写真を ”らしいもの” に
変えて見ました。これは何の鱗粉かなぁ?
[PR]
by tef_teff | 2012-01-19 22:33 | その他 | Comments(0)

フジミドリ越冬卵

久しぶりに15年前のポイントでフジミドリ越冬卵を探してみました。
30分で2卵です。まぁ~、平年並みでしょうか?
e0253104_22274582.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-18 22:27 | フジミドリシジミ | Comments(6)

山火事

蝶の話でなく、すいません。
今日、山へゼフィルスの越冬卵を見に行ったのですが、山が、
消防車、レスキュー隊、自衛隊で騒がしくなっていました。
そんな中、消化のためのヘリコプターがダム湖の水を
汲み上げていたのですが、原発のイメージがあり、
大きなバケツで汲み上げるのかと思ったら、
写真の様にホースで、吸い上げていました。
e0253104_2151669.jpg


[PR]
by tef_teff | 2012-01-17 21:56 | その他 | Comments(4)

ヤマトシジミの周年経過

秩父のヤマトシジミの周年経過を纏めてみました。、
観察場所は2010、2011年は、散歩道のミューズパークです。
比較のため、一度、紹介しましたが1992、1993年の纏めも
添付します。こちらも同じ秩父の長尾丘陵ですが約2kmほど北になります。
一応、下記に自分なりに考察してみましたが、
何かコメント頂ければ有り難いです。

*2011年2010年の観察場所は散歩道にある5ヶ所の生息地合計です。
*1993年1992年の観察場所は1か所のみの生息地dataとなります。

考察2011年2010年dataについて
・6、7、8月と化性が読める小さなpeakがある?
・6、7、8月と徐々に増加するのではなく、9月中旬から急激にに増加するのはなぜか?
・11、12月と個体数が減ってきているので5月の個体数が少ないのも自然なのか?
・2010年のdataより気温の低下と個体数の低下は相関していると読める。
・ヤマトは暑すぎても、寒すぎてもダメ。
・積雪後も1頭観察できた。

考察1992年1993年dataについて
・小さい生息地では化性が読み易い。
・2010、2011同様?4、5、6月の滑らかな増加傾向はない、しかし2011年
ほどの急激ではないが、1992年は、8月からの増加と読める。また、
1993年は7月に増加しており2010、2011年のdataと少し傾向が違うのか?
冷夏の影響か、生息地のサイズによる差なのか・・・?

以上、宜しくお願いします。
e0253104_1703791.jpg
e0253104_1711270.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-16 17:02 | ヤマトシジミ | Comments(9)

越冬中ヒメキマダラヒカゲ

先日、継続観察中のヒメキマダラヒカゲ幼虫を見に行ってきました。
写真の様に前回12/18と全く変化がありませんでした。
今までの写真を時系列的に並べてみました。
写真の様に12/5から12/18に掛けて体長が縮んだのが分かります。
この頃から本格越冬に入ったのでしょうか?
参考までに自宅飼育中の幼虫も入れました。
こちらは4齢で越冬中です。
e0253104_22522664.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-14 22:53 | ヒメキマダラヒカゲ | Comments(7)

消えたクロツ蛹

観察中のクロツですが、今日も蛹が無くなっていました。
一昨日は5個、今日は何と13個も無くなっていました。
これで、手の届く範囲は殆ど蛹が無くなってしまいました。
どうも補食ではなさそうです。
う~ん、発育状況を観察していたのに、残念。
e0253104_1720177.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-01-12 17:20 | Comments(14)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(846)
(314)
(251)
(245)
(125)
(117)
(75)
(65)
(29)
(25)
(19)
(15)
(13)
(10)
(10)
(8)
(7)
(5)
(4)
(4)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

fanseabさん、コメ..
by tef_teff at 21:38
ムラツやムラシだったら、..
by fanseab at 09:50
見に行ってきました。写真..
by banyan10 at 14:45
前日に、付近を飛翔する個..
by tef_teff at 21:06
如何にも「ルリタテハ」が..
by himeoo27 at 18:07
以前、継続観察した時も、..
by tef_teff at 16:34
昨年、私も継続観察をしま..
by clossiana at 16:47
天地を間違えるなんてまだ..
by twoguitar at 19:16
越冬中の夏型2頭の内1頭..
by tef_teff at 21:40
夏型が多いようですね。 ..
by twoguitar at 20:08

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

真冬のクロツバメシジミ
at 2017-12-11 20:23
越冬中ダイミョウセセリ幼虫
at 2017-12-10 21:53
陽当たりの良い場所で越冬する..
at 2017-12-10 21:25
越冬中夏型ウラギンシジミ
at 2017-12-09 21:54
テングチョウの越冬環境
at 2017-12-09 21:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧