<   2012年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

テングチョウ孵化


テングチョウがの孵化が始まりました。
可なり大きくなっていましたので、孵化後4,5日経っているのでしょうか?
最初に確認したのが4/18ですから孵化するまでに2週間くらい掛かっているのでしょうか?
意外に遅いので驚きです。ただ、芽が膨らむ前から産卵してましたので、
早く、孵化しても餌にありつけませんよね。
e0253104_2373346.jpg


butterfly Libythea celtis egg
[PR]
by tef_teff | 2012-04-30 23:08 | テングチョウ | Comments(3)

卵殻

埼玉のウラジロ期待の飼育が始まりました。
卵殻が沢山出たのですが、何かゴミ箱に
捨てるのがもったいない気がしたので、
並べてみました。(多分99%がハヤシ)
良く見ると、卵の内壁は貝殻の様に
構造色の光を放ってますね。
なぜでしょうかね?
e0253104_22322689.jpg


butterfly
[PR]
by tef_teff | 2012-04-27 22:33 | ハヤシミドリ | Comments(4)

ウラキン初齢幼虫の新知見?

自宅で野外飼育しているウラキンにおいて、何と初齢幼虫が
葉柄?を齧り、萎らせ摂食していた。

アオダモに付けた越冬卵は、今年も芽吹きのタイミングに合わせられず
可なり、葉が展開した状態での孵化となり、失敗かと思っていた。
一応、確認のため調べていたところ、葉柄が齧られ、萎れた葉があったので、
もしや幾つか生き延びたかと2齢幼虫を探していたところ
(昨年は2齢で同様の葉柄齧りが見られたため)見つからず、それなら、
きちんと写真だけでも撮っておこうと、千切って屋内で観察していたところ、
何と食痕と1齢幼虫が居た。

この1齢幼虫が、本当に葉柄を齧ったか見てないので、推測になってしまうが、
もし、1齢幼虫が齧ったとすると新知見かもしれない。
つまり、孵化した幼虫は、既に葉が展開、硬くなり、噛みつけない状態になっていたので、
葉柄を齧って葉を萎らせ、柔らかくし摂食していた。オオミドりの終齢幼虫では、
良く見かけるが、ウラキンの1齢幼虫が齧るとは驚きである。
自然界で生き抜くためのリスクヘッジなのだろう。
e0253104_22131588.jpg

e0253104_23301875.jpg


butterfly Ussuriana stygiana
[PR]
by tef_teff | 2012-04-26 22:14 | ウラキンシジミ | Comments(7)

ヤマトシジミ初見

昨日(4/23)雨の中ですが、いつもの散歩道で
ヤマトシジミを観察しました。今年の初見です。
昨年は4/16だったので、7日遅れです。
今春の寒さの影響が現れているのでしょうか?
e0253104_22221924.jpg


butterfly Zizeeria maha argia
[PR]
by tef_teff | 2012-04-24 22:23 | ヤマトシジミ | Comments(3)

ウラジロ期待の飼育スタートする

何とか埼玉からウラジロミドリを再発見しようと今冬、採卵した
ゼフィルスの飼育をスタートしました。去年より10日遅いスタートです。
最近は写真の様に越冬卵の周りをナラガシワの花穂で囲むスタイルで、
孵化を待ち、このまま、花穂を足しながら2~3齢まで飼育します。
今のところ、この方法が手間いらずで歩留まりが良いようです。
はたして、ウラジロミドリは出るのか?その結果は2週間後。
e0253104_225430100.jpg


butterfly
[PR]
by tef_teff | 2012-04-23 22:54 | ハヤシミドリ | Comments(2)

ヒメキマダラヒカゲ

前回、積雪で見つけられなかったヒメキマダラ幼虫を
探しに行って来ました。見つけられたのは1幼だけで、
産卵、集団で居た位置より1.5m離れたところでした。
結局10幼の集団が1幼になってしましました。
(付近にまだ潜んでいるかもしれませんが
e0253104_22211716.jpg


butterfly Zophoessa callipteris  larval
[PR]
by tef_teff | 2012-04-22 22:23 | ヒメキマダラヒカゲ | Comments(1)

標高1000mのヤマトシジミ幼虫

昨年12月に見つけた標高1000mのヤマトシジミ幼虫が
上手く越冬したか見に行ってきました。
2月、3月の調査では見つけることが出来ず、
駄目かと思っていましたが
写真の様に、終齢幼虫を確認することが出来ました。
ここ奥秩父の標高1000m、氷点下10℃以下の日が、
何日もあったと思いますが、上手く越冬するもんですね。
e0253104_2339133.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-04-20 23:39 | ヤマトシジミ | Comments(4)

ヒカゲチョウ幼虫

昨秋、見つけておいたヒカゲチョウ幼虫が
2011.12.09 を最後に見られなくなってしまったのですが、
昨日、元の株より30cmほど離れた株で、
幼虫を確認することが出来ました。
e0253104_1045528.jpg


butterfly 
[PR]
by tef_teff | 2012-04-20 10:46 | ヒカゲチョウ | Comments(2)

テングチョウ化性の謎解き

テングチョウの産卵状態を観察していたら、写真の様に、
卵塊と1、2卵のものが見られた。
保育社の生態図鑑テングチョウの項では、赤山敦夫(1981)が
高密度の幼虫環境で育った成虫は卵巣が発育、産卵し、
2化が生まれるとある。
つまり、写真の様な両方の状態が存在するということは、
テングチョウは年1化と2化が混在するのではないかと
推測してみたが如何でしょうか
e0253104_2343574.jpg

[PR]
by tef_teff | 2012-04-18 23:05 | テングチョウ | Comments(7)

マーキング個体の再捕獲

昨年マーキングしたキタキチョウの越冬個体2頭目を
再捕獲しました。

マーキング : 2011年11月2日
再捕獲   : 2012年4月15日

マーキング場所より直線で350m位北東に
移動した位置です。再捕獲テータが増え
何か見えてくれば面白いのですが・・・。
e0253104_23182289.jpg


butterfly Eurema mandarina mandarina (de l'Orza, 1869)
[PR]
by tef_teff | 2012-04-15 23:19 | キタキチョウ | Comments(2)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
ウラミスジシジミ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
未分類
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(763)
(292)
(250)
(215)
(124)
(112)
(72)
(59)
(24)
(23)
(17)
(11)
(11)
(9)
(7)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

地面にもとまるから まあ..
by 辺蟲憐 at 23:50
蝶撮を始めたばかりのころ..
by himeoo27 at 16:54
パッと見、どこにいるのか..
by ハンノキ at 06:14
了解。上手く、成長いれば..
by tef_teff at 15:54
2年前に見つけた卵は白い..
by banyan10 at 12:51
因みに、食樹は多分エゾエ..
by tef_teff at 12:09
おもしろい写真ですねえ。..
by ハンノキ at 08:32
うーそー、やーだー。
by tef_teff at 22:16
これはたぶん、スジグロの..
by yoda-1 at 20:15
ここは、辺蟲憐さんのとこ..
by tef_teff at 18:09

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ミヤマセセリのシェルター
at 2017-04-27 18:53
ウスバシロチョウ初見
at 2017-04-25 21:18
ミヤマセセリの擬態
at 2017-04-22 18:40
ウラギンヒョウモン幼虫をパン..
at 2017-04-20 21:26
ミヤマセセリの卵
at 2017-04-20 21:12

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧