<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ハヤシミドリの卵

今日は、今年3回目の埼玉ウラジロミドリシジミ(Favonius saphirinus)
の調査に行って来ました。添付写真はハヤシミドリの卵ですが、
まだ、きちんと調べてませんが1卵小さいのが混じってました。
期待が膨らみます・・・・と言って去年も全部ハヤシでした。
e0253104_22461440.jpg

butterfly Favonius ultramarinus
[PR]
by tef_teff | 2013-01-31 22:47 | ハヤシミドリ | Comments(2)

テングチョウ

昨日の天気予報で、関東地方は10℃を超えるというので、テングチョウを
期待し、いつもの散歩道へ出かけてみました。予想通り、テングチョウ
(Libythea celtis)が観察できました。秩父のアメダスでは14:00に
最高気温11.6℃を記録しましたが、私が観察した11:00は10.2℃
でしたので、やはり、この10℃位が境界でしょうか。
e0253104_2148360.jpg

butterfly Libythea celtis
[PR]
by tef_teff | 2013-01-30 21:50 | テングチョウ | Comments(2)

長日処理のクロツバメ羽化

クロツバメシジミ(Tongeia fischeri)光周反応実験の長日処理
個体が1/23に羽化しました。
正確な実験環境はデータロガーからデータを抽出してないので、
はっきりは分かりませんが、1日の温度変化が10℃から20℃の
環境で産卵後、約2ヶ月で羽化しました。野外、夏場の倍くらいと思います。
過去にも冬場に飼育羽化させたことはありますが、何れも
野外品より裏面の色が茶っぽくなってしまいましたが、今回の
個体は野外品に近い明るい裏面でした。
e0253104_2273864.jpg

butterfly Tongeia fischeri
[PR]
by tef_teff | 2013-01-25 22:09 | Comments(2)

テングチョウ

日は、比較的暖かかったので(秩父アメダス最高気温:9.9℃)
テングチョウ(Libythea celtis)が飛び出すのではないかと期待しながら
いつもの散歩道へ出かけました。
予想とおり2頭ものテングチョウが飛び出しました。
やはり、風もなく最高気温が10℃近くなると飛び出しますね。
e0253104_21384673.jpg

butterfly Libythea celtis
[PR]
by tef_teff | 2013-01-24 21:40 | テングチョウ | Comments(4)

アサギマダラ蛹

昨年12/4に蛹化したアサギマダラ(Parantica sita)ですが、
玄関の寒いところに置いてあるためか、1ヶ月以上
経ちましたが、まだ、羽化は先の様です。
環境温度はには‐2から25℃位と思います。
マダラというと熱帯・亜熱帯をイメージしますが、意外と寒さに
強く、少しずつですが、死なずに成長しているようです。
e0253104_22163495.jpg

butterfly Parantica sita
[PR]
by tef_teff | 2013-01-23 22:18 | アサギマダラ | Comments(4)

ハヤシミドリの卵

今年も埼玉のウラジロミドリ(Favonius saphirinus)再発見を狙っています。
昨年は標高500m以下を中心に探しましたが、今年は500m以上で
探そうと思っています。
今年の第1号、ハヤシミドリの卵でした。残念。
e0253104_22144043.jpg

butterfly Favonius ultramarinus
[PR]
by tef_teff | 2013-01-22 22:17 | ハヤシミドリ | Comments(2)

キタキチョウの越冬環境

キタキチョウ(Eurema mandarina)の越冬環境をUSBタイプの
小型温湿度データロガーを使用し、1週間測定してみました。
グラフの様に、日当たりの良い環境のためか、真冬というのに
最高気温が短時間ではありますが25℃近くまで毎日上昇しているのが、
分かります。最低気温も秩父のアメダスが-6℃であっても、キタキチョウの
環境は-2℃位しか下がっていません。
また、湿度(相対湿度)は、30から80%の範囲で毎日変化していますが、
これは、全くの温度依存で実際の湿度(絶対湿度)は約3g/m3と相当乾燥
した状態で変化していません。
(絶対湿度は一立方メートルの空気中に含まれる、水蒸気の量。
参考までに、夏場の30℃60%の絶対湿度は18.2g/m3となります)

キタキチョウの越冬環境、意外と高温にもなり、乾燥した状態で、
人間が考えるのには不敵な環境に思えるのですが・・・・。
e0253104_21272912.jpg
e0253104_21214543.jpg


butterfly Eurema mandarina
[PR]
by tef_teff | 2013-01-21 21:23 | キタキチョウ | Comments(4)

クロツバメの光周反応

クロツバメ(Tongeia fischeri)の光周反応実験(街灯の光で昼間と勘違いするか?)
ですが、長日処理(夏の様に昼間の時間を長くして飼育)は先週全て蛹化し、
短日処理(冬の様に昼間の時間を短くして飼育)は写真の様に2,3mmの
若齢幼虫のままです。
さて、写真には幼虫が2頭居るんですが、どこに居るか分かりますか?
探し出すのに、非常に苦労しました。
e0253104_21513940.jpg

[PR]
by tef_teff | 2013-01-20 21:52 | Comments(2)

越冬中キタキチョウ

観察中のキタキチョウ(Eurema mandarina)ですが、とうとう
一頭になってしまいました。先週の大雪をクリアーしたのに、
一頭が昨日、行方不明になってしまいました。残念。
e0253104_2149420.jpg

butterfly Eurema mandarina
[PR]
by tef_teff | 2013-01-20 21:49 | キタキチョウ | Comments(2)

大雪に耐えたキタキチョウ

先日の大雪で越冬中キタキチョウ(Eurema mandarina)がどうなったか、
1/15翌朝見に行ってきました。写真のように完全に雪の下で、潰されたと思いましたが、
午後、再び訪れたところ、雪が解けたところに、ちゃんと生き残っていました。感激です。
そんな場所を選んで越冬しているのでしょうか?それとも単なるラッキー・・・・。
e0253104_22315637.jpg
e0253104_22321749.jpg
e0253104_22323870.jpg

butterfly Eurema mandarina
[PR]
by tef_teff | 2013-01-16 22:35 | キタキチョウ | Comments(2)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
未分類
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

タグ

(802)
(304)
(251)
(225)
(124)
(113)
(72)
(62)
(29)
(25)
(17)
(14)
(12)
(10)
(8)
(7)
(5)
(5)
(4)
(2)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト

最新のコメント

twoguitarさん、..
by tef_teff at 21:52
こんにちは。 夏眠..
by twoguitar at 20:18
足元から飛び出したので、..
by tef_teff at 16:31
樹上高くで越夏している「..
by himeoo27 at 10:19
オスは1ヶ月くらい活動し..
by tef_teff at 16:32
5頭が夏眠をせず活動中と..
by twoguitar at 15:46
亀レスで申し訳ありません..
by twoguitar at 15:42
そうですか、ただ、こちら..
by tef_teff at 21:39
種は違えどオオウラギンな..
by 辺蟲憐 at 20:47
本種は夏に1000㎡級の..
by ハンノキ at 23:39

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

キマダラセセリ
at 2017-08-20 21:27
ジャコウアゲハの卵
at 2017-08-19 15:25
サカハチチョウ3化?
at 2017-08-19 15:19
実験中ウラギンヒョウモン
at 2017-08-17 18:24
サトキマダラヒカゲの2化
at 2017-08-13 21:32

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧