人気ブログランキング |

アサギマダラ1齢幼虫の越冬環境の温度

観察中のアサギマダラ(Parantica sita)1齢幼虫
越冬環境を先週、温湿度データロガーで測定しま
したが、その温度データを纏めてみました。
やはり殆ど10℃以下で、アサギマダラ幼虫の発育
ゼロ点は、分かりませんが、一般的に10℃位なの
で、これでは摂食できませんよね・・・・というと、
このまま3月になるまで2齢にはなりそうもないです
ね。参考までに観察地より直線で1.5kmのところ
にある秩父アメダスとの比較データも載せておき
ました。
e0253104_22462735.jpg
e0253104_22472332.jpg
e0253104_22465097.jpg


by tef_teff | 2014-01-26 22:49 | アサギマダラ | Comments(8)
Commented by 辺蟲憐 at 2014-01-27 23:08 x
そもそも温度を選べるのも渡りのメリットなんでしょうから 発育ゼロ点は低くない種なんでしょうね。
Commented by tef_teff at 2014-01-27 23:20
熱帯のチョウは(全てではないと思いますが)温暖のチョウより耐寒性があるようです。寒いも、暑いも同じホルモンで耐えているようです。確か?
Commented by 辺蟲憐 at 2014-01-28 23:14 x
そうなんですか。
耐寒性はtef_teff さんが秩父で実証済みですしね。w
夏は標高上げたり北上したりで 逆に暑さに弱そうですね。
ホームフィールドでは6月初めには新成虫が翔んでますから キジョランの縛りからも解放され いい温度を選びに行ってるとも考えられますね。
Commented by twoguitar at 2014-01-29 21:29 x
興味深い結果ですね。最低気温はほぼ正しいのでしょうか。
データロガーに直射日光が当たらないとして、12時に最高気温が出ることから、植木鉢の土表面からの照り返しの影響があるのかもしれませんね。やはり1.5mが妥当ってこと?曇の日のdataがあれば参考になるのですが。
午前中は高め、午後は低めに出ていますが、地形の影響でしょうか。

無事越冬できるとして春に摂食再開して2齢になる日が待ち遠しいですね。

アメダス秩父では2012年に最低気温マイマス9度ぐらいになっていますね。これでは、ウラギンシジミは越冬できないのでしょうか?
Commented by tef_teff at 2014-01-29 22:54
辺蟲憐さん、まさか、ここまで低温に耐えるとは思いませんでした。
そうですね、不思議に暑さには弱いようですね。
Commented by tef_teff at 2014-01-29 23:05
twoguitarさん、コメント有り難うございます。土表面からの照り返しですが、葉が影になって、少ないと思います。また、照り返しがあったとしても、それは幼虫自身にも影響しているので、問題ないかと考えます。
そうですね、アメダスとは条件が違いますので、午後は早めに山の影になってしまうので、なっていると思います。
アサギマダラ幼虫1匹だけですが、上手く越冬できればうれしいのですが。
ウラギンシジミですが、毎年4月上旬に観察できているので、何とか越冬は出来ていると思いますが、越冬個体は、まだ見つけたことがありません。(探し方が下手なのかもしれません)
Commented by twoguitar at 2014-01-30 07:49 x
そうですね。この測定結果は、1齢幼虫の置かれている環境の温度をよく表しているといえそうですね。
僕のコメント、アメダス条件の温度を追求する意識が強くてのコメントになっていました。すみません。
ウラギンシジミは、谷戸奥の南向き斜面で、適度な湿り気のある場所、あまり風の来ないところで11月中旬~見つかるかもしれませんよ。しかし秩父よりも暖かい町田(最低気温-5,6度止まり)でも2012年1月下旬~2月上旬の寒さには耐えられず観察していた9頭が全滅しました。秩父で越冬完遂が見られれば貴重な記録になると思います。
Commented by tef_teff at 2014-01-30 10:13
語調が強くなりすいませんでした。
ウラギンシジミそうですか?9頭全滅ですか?それを考えると秩父での越冬は相当厳しいのでしょうね。越冬環境のご教示有り難うございます。ただ、秩父における、この時期では、もう殆ど死滅しているから難しいかもしれませんね。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ
アイノミドリシジミ
クロアゲハ

タグ

(1113)
(395)
(339)
(260)
(146)

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

今年は、本種とヒメアカが..
by tef_teff at 22:51
今季もペア画像 押さえら..
by 辺蟲憐 at 10:52
回答有難うございます。 ..
by tef_teff at 21:36
カラハナソウはクジャクチ..
by 浅間の煙 at 18:42
そうですか、知人の住む同..
by tef_teff at 17:00

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アサギマダラの訪問
at 2019-10-17 18:09
アオバセセリ幼虫
at 2019-10-14 21:21
新聞にクロアゲハ幼虫
at 2019-10-10 18:16
キタテハ早くも越冬準備
at 2019-10-10 18:05
クロアゲハの蛹
at 2019-10-09 21:54

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧