人気ブログランキング |

ケージ内のテングチョウ活動から

失敗に終わったテングチョウ(Libythea lepita)2化目
の立証実験で気付いたことですが、ケージ内活動は、不活発で
休憩中の個体が8割、活動中の個体が2割と言ったところでした。
(添付写真参照) しかし、休憩中の個体も狭いケージ内で活動す
る個体の影響で、寝ていても、直ぐ起こされていた。 これは、野外
であれば、これほど密度は高くないので、休憩中の個体は、もしかし
て、秋まで寝てしまうのではないかと想像出来ないだろうか。
 もともと、春の越冬個体数に比べ、1化は2割程度、秋の個体数でも
4割程度と私の観察データからは非常に少ない。よって、1化個体
の6~7割は夏~冬休眠に入ってしまうのではないかと想像した。
e0253104_00073252.jpg

by tef_teff | 2014-06-07 00:08 | テングチョウ | Comments(10)
Commented by uke-en at 2014-06-07 11:14 x
>春の越冬個体数に比べ、1化は2割程度
昨季までは越冬個体ばかりよく見かけていたのですが、今季は1
化個体が極端に多いですよ。
チョウ先輩諸氏ではないですが、あちこちでもテングチョウが多い
との話です。
Commented by 辺蟲憐 at 2014-06-07 11:32 x
前述の全て死亡事件の原因にもよると思うんですが 単純に早期消耗と考えれば 活動個体と休憩個体とで 死亡にタイムラグが出てもいいですよね。
Commented by 辺蟲憐 at 2014-06-07 11:35 x
因に画像順で赤 黒 赤は♀ ♂ ♀ですよね。
やはり赤は♀が多い様な…?。w
Commented by tef_teff at 2014-06-07 12:05
uke-enさん
そうですか、確かに今年は多いと聞きますよね。ただ私のフィールドの場合2012、2013、2014(まだきちんとまとめていませんが)と傾向は変わっていないようです。
Commented by tef_teff at 2014-06-07 12:11
辺蟲憐さん、確かに死亡にタイムラグが出ても良いですよね。ただ何か他に幾つか要因があり、死亡とは別に休眠と産卵個体に分かれるような気がするのですが・・・。
赤は♀が多いかなぁ・・・死んだ個体をもう少し調べておけばよかった、残念。
Commented by yoda-1 at 2014-06-08 19:30
両端雌として、活動中の右の雌が6本脚になっているのが、いかにも活動中ですよね。
Commented by yoda-1 at 2014-06-08 19:33
ケージの中の、不活発だけ選別して、いつ活発になるのかモニターできたら画期的ですよね。
Commented by tef_teff at 2014-06-08 23:25
yodaさん、流石良いところに目を付けましたね。私も活動中、メスが6本足使っているので驚きました。
Commented by 辺蟲憐 at 2014-06-11 21:59 x
単に1化は元々短命という事もあり得ますよね。
とすればトータルで少なく感じるって事や 夏眠が前提になってないとも考えられますよね。
感覚毛は前脚にあるんでしょうから もしかしたら産卵への行動だったのかもですね。
Commented by tef_teff at 2014-06-11 22:19
なるほど、そういう見方もありますね。そうすると2化が異常に少ないのは夏休眠に入るから・・・そして、一機に秋に出てくる、つじつまが合うなぁ・・・・。


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ
アイノミドリシジミ
クロアゲハ

タグ

(1129)
(397)
(342)
(263)
(147)

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

辺蟲憐さん 12/22..
by tef_teff at 22:59
我家付近では 夏型が12..
by 辺蟲憐 at 18:44
浅間の煙さん、コメントあ..
by tef_teff at 14:59
南西に向かわず、寧ろ逆方..
by 浅間の煙 at 09:10
辺蟲憐さん、コメントあり..
by tef_teff at 21:22

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

アオスジアゲハの化性
at 2019-11-17 21:43
ミヤマセセリ幼虫が越冬のため落幼
at 2019-11-16 18:26
キタキチョウの越冬場所探索
at 2019-11-16 18:14
初冬にキタキチョウ夏型
at 2019-11-16 17:58
秩父で11月にクロコノマチョ..
at 2019-11-14 15:57

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧