人気ブログランキング |

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

越冬中?キタキチョウ

いつもの散歩道の越冬中キタキチョウ(Eurema mandarina)です。
今日で3日間じっとしているので、多分、越冬に入っているのでしょう。
この個体はマーキング個体で、マーキングした場所で越冬に入りました。
今後の経過が楽しみです。
e0253104_23243769.jpg
by tef_teff | 2013-11-30 23:26 | キタキチョウ | Comments(2)

ヤマトシジミ

いつもの散歩道では、このところの冷え込みでヤマトシジミ
(Pseudozizeeria maha)の個体数が急激に減ってきました。
写真のポイントは、最盛期の9月下旬には1日に100頭近く観
察できた場所ですが、今日はたったの1頭でした。
昨年の終見が12/6だったので、もうすぐ終わりですね。
e0253104_23422603.jpg
by tef_teff | 2013-11-29 23:42 | ヤマトシジミ | Comments(2)

キタキチョウ

いつもの散歩道では、気温も下がり、キタキチョウ(Eurema mandarina)
も越冬に入り、殆ど見かけなくなったのですが、風が吹き、落葉が舞うと
陽当りの良い斜面では、不思議とキタキチョウが越冬場所を探すような
飛翔を良く見かけます。私の推測では、どうも、越冬に入ったキタキチョ
ウが落葉の落ちる振動で、驚き、目を覚まし、再び飛翔し越冬場所を探
しているように思えました。どうでしょうか?
そんな理由で、越冬場所を見つけても翌日は居なくなっていることが最
近良くあります。写真の個体も明日は分かりませんね
e0253104_23340750.jpg
by tef_teff | 2013-11-29 23:38 | キタキチョウ | Comments(2)

アサギマダラ食痕

観察中のアサギマダラ(Parantica sita)幼虫ですが、
3つ目の穴の作製に入りました。
依然、1齢幼虫のままです、一体、1齢で幾つの穴を
開けるのでしょうか?
e0253104_22502607.jpg
by tef_teff | 2013-11-25 22:51 | アサギマダラ | Comments(3)

オオムラサキ幼虫

いつもの散歩道で、継続観察していたオオムラサキ幼虫
(Sasakia charonda)が、一斉に樹から降りたようです。
昨日は、まだ半分残って居たのですが、今日は一頭も見ら
れませんでした。また、幼虫体色も、写真のように、この2
週間くらいで緑色から褐色へ変化していました。
e0253104_23053783.jpg


by tef_teff | 2013-11-19 23:13 | オオムラサキ | Comments(2)

アサギマダラの円形食痕

野外で継続観察しているアサギマダラ(Parantica sita)幼虫の摂食状況を日毎に並べてみました。やはり、円形に表面を削って乳液を出し、その円形内部を食べているようですね。それにしても、寒さのためか、一日の摂取量は非常に少ないようですね。
e0253104_23055713.jpg
by tef_teff | 2013-11-18 23:07 | アサギマダラ | Comments(2)

夏型キタキチョウ

いつもの散歩道では、何とまだ、夏型キタキチョウ
(Eurema mandarina)が飛んでいました。
本当に夏型は長寿ですね
e0253104_23020980.jpg
by tef_teff | 2013-11-18 23:04 | キタキチョウ | Comments(2)

アサギマダラ幼虫

ヒヨドリバナ花壇にキジョランを置き、産卵させた
アサギマダラ(Parantica sita)の卵ですが、11/3
に孵化し、2週間近く経っているのに、まだ、1齢
のままです。寒さのためか成長が遅い様です。e0253104_23240131.jpg


by tef_teff | 2013-11-16 23:26 | アサギマダラ | Comments(2)

夏型

いつもの散歩道で、夏型のキタキチョウ(Eurema mandarina)が
見られた。ひらひら飛んでいるのを見かけ、追跡したら隠れるよ
うに葉裏に止まってしまった。まさか、夏型は越冬しないだろう?
e0253104_23023058.jpg
butterfly Eurema mandarina

by tef_teff | 2013-11-11 23:05 | キタキチョウ | Comments(4)

まだ、クモガタヒョウモンが居た

いつもの散歩道に、まだクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)
が居た。鱗粉もカスレ裏面から表面の紋様が見える。5月に生まれ、こ
こまで良く生きたものだ。日本のヒョウモンの仲間では最も長寿だろう。
e0253104_22571542.jpg

butterfly Nephargynnis anadyomene
by tef_teff | 2013-11-11 22:57 | クモガタヒョウモン | Comments(2)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ

タグ

(1079)
(379)
(335)
(258)
(145)

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

えー! まさか♂とは、想..
by ハンノキ at 09:56
個体は♂なので・・・そう..
by tef_teff at 09:46
越冬後 一度も人工産卵さ..
by ハンノキ at 00:00
8チャンネルだったようで..
by tef_teff at 21:01
本日のニュースで全国的に..
by 浅間の煙 at 08:19

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ウラギンシジミ越冬個体
at 2019-07-16 17:12
エゾミドリシジミ
at 2019-07-13 20:59
オオミドリシジミのメス
at 2019-07-13 18:23
ミスジチョウ初齢幼虫
at 2019-07-03 21:52
トラフシジミの中間型?
at 2019-07-02 21:20

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧