人気ブログランキング |

<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

アカボシゴマダラ

標高1000m弱の近くの山へ、ヒョウモン類の調査に行ってきました。
驚いたことにアカボシゴマダラ(Hestina assimilis)がいました。
確かにヒルトッピングの習性はありますが、標高1000m付近まで登っ
てくるとは驚きですね
e0253104_21462319.jpg

by tef_teff | 2016-06-27 21:46 | アカボシゴマダラ | Comments(0)

ウラギンヒョウモン

いつもの散歩道近くでは、5月中旬に発生した、ウラギンヒョウモン
(Fabriciana adippe)は、個体数は減ったものの、まだ、探雌飛
翔を続けています。ここのウラギンは、♀は夏眠するが、♂は、こ
のまま探雌飛翔を続け7月前には一生を終える。♂は秋季活動がない
分、7月前までの活動時間は長い。
e0253104_21444714.jpg

by tef_teff | 2016-06-23 21:45 | ウラギンヒョウモン | Comments(0)

眠中のテングチョウ幼虫

今年もテングチョウ(Libythea lepita)の飼育をしています。
目的は3化個体も越冬するかどうかです。問題は、どうやったら
3化個体を得ることができるかです。とりあえず2化幼虫を集め
飼育し、3化目を産卵させる計画ですが、思ったように2化幼虫
が集まらず苦戦してます。写真は眠中の幼虫で、既に脱皮後の次
の頭が古い頭の手前で形成されているようです。頭は固いので、
脱皮する前の柔らかい頭のうちに古い頭の殻から先に抜け出ます。
e0253104_21373113.jpg

by tef_teff | 2016-06-21 21:37 | テングチョウ | Comments(0)

スミナガシ幼虫の擬態行動?

いつもの散歩道にある、アワブキを覗いたら、特徴のあるスミナガシ
(Dichorragia nesimachus)の食痕が見つかった。よく見ると
スミナガシの幼虫は摂食中だった。裏側に幼虫がいたので、写真を
撮ろうと葉を裏返すと、驚いたのか、さそくさと葉の先端部の主脈
上へ移動した。一応、擬態のつもりなのだろうか?
e0253104_22370371.jpg

by tef_teff | 2016-06-20 22:37 | スミナガシ | Comments(2)

ウラミスジ再び

いつもの散歩道近くで、6mほどのクヌギ上部を叩いたところ、
何かシジミが飛び出した。ラッキーにも飛び出したシジミは再び
同じところに戻ってきたので、双眼鏡で覗いたところ、なんと
ウラミスジシジミ(Wagimo signatus)だった。一応、ネット
に入れて確認するとメスの様だったので持ち帰ることにした。
ただ、このメスを9月まで飼育できるか心配だ。埼玉のウラミス
ジは大珍品だったけれど、最近は”大”が取れそうである。
写真は、コンデジの望遠なので辛うじて同定出来るレベルのひどい
写真ではあるが、一応証拠写真なので
e0253104_23190195.jpg

by tef_teff | 2016-06-18 23:19 | Comments(9)

オオムラサキ初撮

いつもの散歩道で、汲水中のオオムラサキ(Sasakia charonda)
を見つけた。毎年、発生初期は、ここで汲水しているのが見られる。
初見は昨日だったが、毎年6/20前後が初見なので、平年並みの発生
である。
e0253104_23091674.jpg

by tef_teff | 2016-06-18 23:09 | オオムラサキ | Comments(0)

ジャノメチョウ初見

いつもの散歩道で、ジャノメチョウ(Minois dryas)が
見られました。初見です。昨年は6/22だったので、ほぼ
昨年並みでしょうか?因みにオオムラサキも初見だった
のですが、残念ながら撮影できませんでした
e0253104_23175736.jpg

by tef_teff | 2016-06-17 23:18 | ジャノメチョウ | Comments(0)

ホシミスジ

奥秩父で、埼玉純正のホシミスジ(Neptis pryeri)を見てきました。
最近は、埼玉南部、東京都下で多化性の関西亜種が分布を広げてい
るようで心配ですね。
e0253104_23185314.jpg

by tef_teff | 2016-06-10 23:24 | ホシミスジ | Comments(3)

ウラゴマダラシジミのメスは大きい?

いつもの散歩道で、ウラゴマダラシジミ( Artopoetes pryeri )
が見られました。見たのは何年ぶりでしょうか?個体数が少ない中、
散歩の時間帯がお昼頃という関係で、なかなかお目にかかれません。
今回は驚きました。最初スジグロシロチョウが飛んでいるのかと思う
ほど大きかったのです。びっくりです。メスは大きいですね。
e0253104_22394203.jpg

by tef_teff | 2016-06-08 22:39 | ウラゴマダラシジミ | Comments(1)

羽化直後のムラサキシジミ

いつもの散歩道で、羽化直後と思われるムラサキシジミ(Arhopala
japonica)を見つけました。よく見ると裏面の斑紋が通常より濃く
メリハリが効いた感じです。羽化直後はみんな、こんな感じなので
しょうかね。
e0253104_22353086.jpg

by tef_teff | 2016-06-07 22:35 | ムラサキシジミ | Comments(0)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ
アイノミドリシジミ
クロアゲハ

タグ

(1114)
(395)
(339)
(260)
(146)

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

今年は、本種とヒメアカが..
by tef_teff at 22:51
今季もペア画像 押さえら..
by 辺蟲憐 at 10:52
回答有難うございます。 ..
by tef_teff at 21:36
カラハナソウはクジャクチ..
by 浅間の煙 at 18:42
そうですか、知人の住む同..
by tef_teff at 17:00

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

キタテハ
at 2019-10-21 18:06
アサギマダラの訪問
at 2019-10-17 18:09
アオバセセリ幼虫
at 2019-10-14 21:21
新聞にクロアゲハ幼虫
at 2019-10-10 18:16
キタテハ早くも越冬準備
at 2019-10-10 18:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧