人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

クモガタヒョウモン幼虫再び

いつもの散歩道で、タチツボスミレに食痕があったので、
何かいないかと探してみると、クモガタヒョウモン
(Nephargynnis anadyomene)の幼虫が見つかりました。
今年は、良く見つかるので、あたり年かなぁ・・・。
e0253104_18010315.jpg

by tef_teff | 2018-02-28 18:01 | クモガタヒョウモン | Comments(0)

ヤマトシジミ幼虫

いつもの散歩道で、ヤマトシジミ(Zizeeria maha)の
幼虫を見つけました。やや日当たりの悪い環境のためか
、5mmほどの小さな幼虫でした。
e0253104_18024224.jpg

by tef_teff | 2018-02-27 18:03 | ヤマトシジミ | Comments(0)

ベニシジミ幼虫

いつもの散歩道で、ギジギシに食痕が見えたので、葉っぱを
ひっくり返すとベニシジミ(Lycaena phlaeas)の幼虫がぽろっと
落ちた。今回の幼虫は縁取りがはっきりしたピンク色で、きれいだった。
e0253104_15383205.jpg

by tef_teff | 2018-02-26 15:39 | ベニシジミ | Comments(0)

キタテハが戻って来た

いつもの散歩道で、2週間ほど前いなくなってしまった、
越冬中キタテハ(Polygonia c-aureum)が、今日戻って
ました。多分色彩からして同じ個体と思います。以前も
同様な経験があり、やはり、越冬環境がピンポイントで
その個体に合っているのでしょうか。
e0253104_15313361.jpg

by tef_teff | 2018-02-26 15:31 | キタテハ | Comments(0)

越冬中テングチョウ

いつもの散歩道で、越冬中テングチョウ(Libythea lepita)を
見つけました。驚きですね、完全に枯葉に擬態してますね。
やはり、自分の翅の色が見えているとしか思えませんね。
e0253104_21571441.jpg


by tef_teff | 2018-02-23 21:58 | テングチョウ | Comments(0)

日本鱗翅学会関東支部主催の「春のつどい」

来月、3/10(土)、日本鱗翅学会関東支部主催の「春のつどい」があります。
今回も興味深い講演が沢山あります。また、私も発表しますので、是非、
東大本郷キャンパスへ遊びに来てください
e0253104_21372443.jpg

by tef_teff | 2018-02-22 21:38 | その他 | Comments(0)

クモガタヒョウモンの幼虫

いつもの散歩道で、陽当たりの良い斜面に生えるタチツ
ボスミレに食痕があったので、何か幼虫がいるかもしれ
ないと探したところ、5mmほどのクモガタヒョウモン
(Nephargynnis anadyomene)の幼虫が見つかった。
まだ、2月と言うのに元気に活動していた。
e0253104_21090160.jpg

by tef_teff | 2018-02-17 21:09 | クモガタヒョウモン | Comments(2)

ウラギンシジミが活動


今日の秩父地方の最高気温は、15.7℃まで上昇しました。そのため
キタキチョウ、テングチョウ、キタテハ、ウラギンシジミが見られ
ました。その中で、驚いたのはウラギンシジミ(Curetis acuta)
です。ウラギンシジミは秩父の寒さは厳しいようで越冬後、春に観
察できるのは1頭見られるか、見られないかのレベルのため、殆ど
の個体が越冬に失敗し死滅すると思われるため、真冬に活動する個
体など、お目にかかったことがありません。そんなウラギンシジミ
が、休耕田跡で汲水していました。
e0253104_21484978.jpg

by tef_teff | 2018-02-15 21:49 | ウラギンシジミ | Comments(0)

越冬中キタキチョウ

いつもの散歩道で、越冬中キタキチョウ(Eurema mandarina)を
見つけました。この場所は林内のため越冬初期となる時期は
落葉していないため、陽当たりが悪い場所なので、越冬場所
としては相応しくない場所なので、この個体は落葉が終わる
12月中旬以降に一旦越冬に入った個体が気温の一時上昇や、
何か物理的な刺激を受けて強制覚醒させられた個体が、この
場所に移動し再越冬したものと思われます。
e0253104_21283399.jpg

by tef_teff | 2018-02-15 21:28 | キタキチョウ | Comments(0)

テングチョウほか一時覚醒

今日の秩父地方の最高気温は14.8℃まで上昇しました。
いつもの散歩道ではテングチョウ(Libythea lepita)、
アカタテハ(Vanessa indica)、キタキチョウ(Eurema
mandarina)が見られました。キタキチョウが、この気
温で一時覚醒するのは、ちょっと驚きでした。
e0253104_21114159.jpg

by tef_teff | 2018-02-11 21:11 | キタキチョウ | Comments(0)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ
アイノミドリシジミ

タグ

(1104)
(384)
(337)
(258)
(146)

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

clossianaさん、..
by tef_teff at 22:17
決定的な場面ですね。それ..
by clossiana at 15:55
clossianaさん、..
by tef_teff at 22:18
越夏中のヒオドシをこの1..
by clossiana at 17:04
グラフ 実に参考になりま..
by 辺蟲憐 at 10:57

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

オオウラギンスジヒョウモン
at 2019-09-17 22:44
ウラギンヒョウモン覚醒
at 2019-09-15 18:07
メスグロヒョウモンの占有行動
at 2019-09-14 22:13
秋のウラギンシジミ
at 2019-09-12 22:11
秋のシータテハ
at 2019-09-12 22:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧