人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

集団のオオムラサキ

いつもの散歩道で、沢山のオオムラサキ(Sasakia charonda)が樹液に
集まっていました。これほどの集団を見たのは、最近、記憶にありません。
今年は多いです。
e0253104_21323577.jpg

by tef_teff | 2018-07-31 21:32 | オオムラサキ | Comments(2)

夏眠実験中のヒオドシ

夏眠実験中ヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)ですが、
最近の暑さで7割くらいが、死んでしまいました。市街地では
林内に比べ高温になるため、厳し環境になっているようです。
写真は就寝中のヒオドシです。キタキチョウやキタテハが越冬
する時に、触角を翅の間に挟みますが、ヒオドシは毎夜、触角
を挟んで寝ています。
e0253104_22260796.jpg

by tef_teff | 2018-07-30 22:26 | ヒオドシチョウ | Comments(2)

ジャノメチョウの避暑

いつもの散歩道で、ジャノメチョウ(Minois dryas)が見られました。
夏の暑い時期はオープンランドから林内へ移動し避暑しているようです。
e0253104_22482452.jpg

by tef_teff | 2018-07-26 22:48 | ジャノメチョウ | Comments(5)

ゴマダラチョウの2化

いつもの散歩道で、ゴマダラチョウ(Hestina persimilis)の
2化が見られました。ここでは個体数が少ないので珍品の部類です。
e0253104_22305465.jpg

by tef_teff | 2018-07-26 22:31 | ゴマダラチョウ | Comments(0)

猛暑で夏眠覚醒

いつもの散歩道では、このところの猛暑で、毎回メスグロヒョウモン(Damora sagana)
と沢山のテングチョウ(Libythea lepita)が見られます。両者の夏眠は樹上高い位置で行わ
れると思われ、この暑さで、夏眠に耐えられず、涼しい林床に降りてくると私は考えてい
ます。特に針葉樹が好きなようで、(大型ヒョウモン類も)今日も杉林の林床に10頭以上
のテングチョウが降りていました。
e0253104_22483601.jpg

by tef_teff | 2018-07-23 22:48 | テングチョウ | Comments(2)

猛暑で林床にウラミスジシジミ

今日は、気温が上がるということで、林床に降りるウラミスジシジミ(Wagimo signatus)を期待し、
いつもの散歩道へ出かけた。予想通り、ウラミスジ3頭、ミズイロオナガ20頭が林床に降りていた。
ウラミスジにも驚いたが、この7月下旬にミズイロオナガが20頭もいるとは驚いた。ここは、標高300m。
e0253104_22314309.jpg

by tef_teff | 2018-07-23 22:31 | ウラミスジシジミ | Comments(4)

オオムラサキ_オスの求愛

いつもの散歩道にある樹液では、今日もオオムラサキのオスたちが交尾のチャンスを
うかがっていました。ゲニタリア全開、もう1cmのところでメスに気づかれ、追い
払われました。見ているとメスの力は相当なようで、他種の強引なオスの求愛行動に
比べると、逆にメス上位でオスは怖がって近づくことがなかなかできないようです。
e0253104_22224496.jpg

by tef_teff | 2018-07-22 22:23 | オオムラサキ | Comments(0)

テングチョウ3化目幼虫

自宅大型ケージ内ではあるがテングチョウ(Libythea lepita)
の3化目幼虫が見られました。野外でも3化の可能性は十分あると思う。
e0253104_22194965.jpg

by tef_teff | 2018-07-21 22:19 | テングチョウ | Comments(0)

夏のクモガタヒョウモン

近くの山でクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)が見られました。
ここは、標高1000m近くありますが、真夏にクモガタが見られるのは珍しいです。
e0253104_22131930.jpg

by tef_teff | 2018-07-21 22:13 | クモガタヒョウモン | Comments(0)

オオムラサキ_オスの戦略


いつもの散歩道、写真は樹液にいるオオムラサキ(Sasakia charonda)
の普通の画である。しかし、観察を続けると、どうもおかしい、メスは、
翅を広げての交尾拒否?態勢で一生懸命吸汁しているのに対し、オスは
じっとしたまま吸汁もせず動かない。しかし、メスが吸汁に夢中になり、
翅が立ってくるとすかさず、近づき交尾を迫るのである。オスは交尾の
チャンスををひたすら待っていたのだった。樹液にいるオオムラサキの
オスは吸汁が目的ではなく交尾が目的の時もある様だ、気づかなかった。
e0253104_22154222.jpg

by tef_teff | 2018-07-19 22:16 | オオムラサキ | Comments(0)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ

タグ

(1039)
(364)
(330)
(257)
(138)

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2019 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

>こういう高さだと私のカ..
by tef_teff at 16:12
う~む、ものの見事に撮ら..
by clossiana at 11:41
確かに、好みの湿地がある..
by tef_teff at 23:07
うわ〜 こんなの見た事が..
by 辺蟲憐 at 21:36
場所にもよりますが、こち..
by tef_teff at 22:13

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ヒオドシチョウの3重卵塊
at 2019-04-20 21:05
ヒオドシチョウの2重卵塊
at 2019-04-19 16:11
ルリタテハの卵
at 2019-04-16 21:55
ミヤマセセリの卵
at 2019-04-14 17:45
ヒオドシチョウの産卵
at 2019-04-13 16:42

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧