人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

クモガタヒョウモンの産卵

いつもの散歩道では、やっとクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)
のメスが覚醒し、産卵が始まりました。本種の産卵環境は、陽当たりの良い林縁です。
ミドリヒョウモンなどと違って林内や樹上では産卵しません。
クモガタヒョウモンの産卵_e0253104_22140091.jpg

by tef_teff | 2018-09-28 22:14 | クモガタヒョウモン | Comments(0)

アサギマダラの人工産卵

自宅のキジョランが繁茂したので、大きな洗濯ネットでアサギマダラ(Parantica sita)
の人工産卵に挑戦しようと思う。上手く行けば来春、羽化した沢山の個体にマーキングが
出来るかもしれない。
アサギマダラの人工産卵_e0253104_21515159.jpg

by tef_teff | 2018-09-25 21:51 | アサギマダラ | Comments(0)

クズの葉のコミスジ幼虫

いつもの散歩道で、クズの葉にいるコミスジ(Neptis sappho)の幼虫を見つけました。
クズの葉の本種は、草苅に遭うので厳しいです。
クズの葉のコミスジ幼虫_e0253104_21271353.jpg

by tef_teff | 2018-09-24 21:27 | コミスジ | Comments(0)

テングチョウ秋の覚醒

いつもの散歩道では、1週間ほど前からテングチョウ(Libythea lepita)の秋の覚醒が始まりました。
ヒオドシチョウなどと違って秋にも目を覚まし活動します。なぜでしょうね?
テングチョウ秋の覚醒_e0253104_21141833.jpg

by tef_teff | 2018-09-24 21:14 | テングチョウ | Comments(0)

メスグロヒョウモン、高所での産卵

いつもの散歩道近くで、メスグロヒョウモン(Damora sagana)の産卵を観察しました。
前回のミドリヒョウモンに続き樹上5~6m付近で産卵していたのですが、その後も登り詰め
8~9mまで到達しました。ただし、最高位での産卵は見え難く観察できませんでしたが、
可能性は大と思います。驚きです。
メスグロヒョウモン、高所での産卵_e0253104_22170945.jpg

by tef_teff | 2018-09-23 22:17 | メスグロヒョウモン | Comments(0)

ジャノメチョウとキタキチョウが彼岸花で吸蜜

いつもの散歩道近くで、彼岸花で吸蜜しているジャノメチョウ(Minois dryas)
とキタキチョウ(Eurema mandarina)を観察しました。アゲハ類以外が彼岸花
で吸蜜するとは驚きでした。
ジャノメチョウとキタキチョウが彼岸花で吸蜜_e0253104_22000258.jpg

by tef_teff | 2018-09-23 22:00 | ジャノメチョウ | Comments(0)

ウラギンヒョウモンの産卵

いつもの散歩道近くで、今年もウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)
の産卵が見られました。ここでの産卵はコケにされる場合が多いようです。
また、環境も年二回草刈りが入るので、草丈もちょうどいいようです。
ウラギンヒョウモンの産卵_e0253104_23095778.jpg

by tef_teff | 2018-09-22 23:10 | ウラギンヒョウモン | Comments(0)

キタキチョウの幼虫と蛹


先日いつもの散歩道で、キタキチョウ(Eurema mandarina)の幼虫と蛹を見つけた。
いつも不思議に思うのは、このように蛹や幼虫が複数個体ついている食樹と、すべて
寄生されてしまう食樹とがあることだ。この差は何だろうか?
キタキチョウの幼虫と蛹_e0253104_21391722.jpg

by tef_teff | 2018-09-20 21:39 | キタキチョウ | Comments(0)

埼玉のスジボソヤマキチョウ

少なくなった埼玉のスジボソヤマキチョウ(Gonepteryx aspasia)を探しに
奥秩父へ行ってきました。何と3頭もの本種がアザミに来ているのを観察する
ことができました。過去、埼玉で同時に複数等、観察したのは15年以上前の
ことと思います。本当に少なくなりました。
埼玉のスジボソヤマキチョウ_e0253104_21470083.jpg

by tef_teff | 2018-09-18 21:47 | スジボソヤマキチョウ | Comments(2)

ミドリヒョウモンの産卵

いつもの散歩道で、ミドリヒョウモン (Argynnis paphia )の産卵を観察しました。
何と樹上5~6mのところで産卵していました。こんな高い位置での産卵は、初めて
です。この後、孵化した幼虫は樹上で越冬するのでしょうか、それとも地上に降りて
越冬するのでしょうか。
ミドリヒョウモンの産卵_e0253104_22293083.jpg

by tef_teff | 2018-09-17 22:29 | ミドリヒョウモン | Comments(2)


秩父のチョウの生態・分布など


by tef_teff

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

アサギマダラ
アカタテハ
キタキチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
クモガタヒョウモン
クロヒカゲ
スジボソヤマキチョウ
イチモンジチョウ
ヤマトシジミ
ミドリヒョウモン
キタテハ
ムラサキシジミ
ルリタテハ
クロコノマチョウ
その他
エルタテハ
ヒカゲチョウ
ミヤマシジミ
ウラクロシジミ
ヤマトシジミ
フジミドリシジミ
ウラキンシジミ
アゲハ
ハヤシミドリ
ミヤマセセリ
テングチョウ
ヒオドシチョウ
ウスイロオナガ
ウラジロミドリ
オオムラサキ
コツバメ
カラスシジミ
イチモンジセセリ
シータテハ
キマダラセセリ
ホソバセセリ
ミスジチョウ
オオミスジ
ダイミョウセセリ
スミナガシ
アカシジミ
ムモンアカシジミ
クジャクチョウ
アオバセセリ
クロミドリシジミ
メスアカミドリ
ミズイロオナガシジミ
オオチャバネセセリ
ウラナミアカシジミ
ヤマトスジグロシロチョウ
オナガシジミ
スジグロチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
食草
サトキマダラヒカゲ
アカボシゴマダラ
ツバメシジミ
ウラナミシジミ
ナガサキアゲハ
ムラサキツバメ
オオミドリシジミ
ウラミスジシジミ
ウラゴマダラシジミ
ルリシジミ
スギタニルリシジミ
スジグロシロチョウ
ホシミスジ
チョウセンアカシジミ
ヒオドシチョウ
ヒカゲチョウ
ウスバシロチョウ
ジャノメチョウ
モンシロチョウ
サカハチチョウ
キバネセセリ
同定
ヘリグロチャバネセセリ
環境
チャバネセセリ
ベニシジミ
コミスジ
メスグロヒョウモン
ジャコウアゲハ
キアゲハ
ミヤマチヤバネセセリ
コチャバネセセリ
モンキアゲハ
エゾミドリシジミ
ヒメジャノメ
ヒメウラナミジャノメ
ウラギンシジミ
ツマグロヒョウモン
ツマキチョウ
ヒメアカタテハ
ホソオチョウ
アカセセリ
アオスジアゲハ
コジャノメ
ウラギンスジヒョウモン
ヤマキマダラヒカゲ
アサマイチモンジ
ゴマダラチョウ
ウラギンヒョウモン
カラスアゲハ
クロツバメシジミ
モンキチョウ

tombo
ミヤマカラスアゲハ
ホシミスジ
オオウラギンスジヒョウモン
ゴイシシジミ

トラフシジミ
ホソオチョウ
ツバメシジミ
アイノミドリシジミ
クロアゲハ
ミヤマカラスシジミ

タグ

(1150)
(403)
(371)
(263)
(152)

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
more...

フォロー中のブログ

てくてく写日記
小畔川日記
探蝶逍遥記
蝶の玉手箱
コロポックル讃歌
蝶と蜻蛉の撮影日記
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
2020 浅間暮らし(ヤ...

最新のコメント

himeooさん、コメン..
by tef_teff at 23:04
越冬キタキチョウを1頭見..
by himeoo27 at 16:28
himeooさん、コメン..
by tef_teff at 10:08
確かに ツマグロヒョウ..
by himeoo27 at 08:01
明けましておめでとうござ..
by ダンダラ at 21:55

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

越冬中ホソミオツネントンボ
at 2020-01-26 21:15
椎茸原木採取用伐採地
at 2020-01-26 18:36
越冬中キタキチョウ
at 2020-01-25 16:44
越冬中テングチョウ
at 2020-01-24 15:32
アオスジアゲハの越冬蛹捕食される
at 2020-01-20 16:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧